追加料金が必要なカラーリング

追加料金が必要なカラーリング

追加料金が必要なカラーリング

美容室でカラーリングをする時に、自分はただカラーリングをしてほしいだけなのに、「〇〇カラーリングはどうですか?」と特別な名前の付いているカラーリングを勧められることってないですか?その様な時にもしもそのカラーリングにつて知らなかった時には、もちろん美容師が丁寧に教えてくれるのですが、プロの美容師の話ってなかなか分かり辛いもので結局そのカラーリングが通常のカラーリングとどのように高価が違うのか、なんて解らなかったりもするものです。それにそういうものを勧められるときにはたいていプラスαの料金を支払わなくてはいけないシステムになっているように思います。もしも料金が同じであるならば、なんとなく良さそうな感じだからそれでもいいか、と思うかもしれませんが、たとえば+J1000円、と言われた場合には1000円追加してでもそのカラーリングに変更するべきなのかどうか、という事は素人のお客さんには解りにくいものです。結局美容師がやたらと薦めるから話を聞くのが面倒になってそのカラーリングにしてもらうことにした、と言う人も多いのではないでしょうか。そういう人たちは、実際に1000円の差を実感する事が出来たのでしょうか。美容室で特別なカラーリングを勧められた時にはどのように判断したら良いのでしょうか。カラーリングをする時に「髪に優しいカラーリングだから」といってオーガニックとか自然成分のカラーリングを勧められることがありますが、確かにそれなりに違いはあるかもしれません。ですが本当に髪に優しい対処法、というのは本当はどんな方法であれ髪を染めない事なんですよね。それを言ってしまっては話にならない、と思うかもしれませんが、実際にカラーリングやパーマと言う施術は、必ず髪の傷みとセットだ、と思った方が良いぐらいなんですよね。ですから「髪に優しい」とか「ダメージの少ない」という言葉に惑わされない事も必要でしょう。「ダメージが少ない」のであって「ダメージが無い」のではないのです。「髪に優しい」と言えばお客さんはそれを信じて追加料金を支払ってでも、そのカラーリングをオーダーするかもしれません。ですが髪に優しいカラーリングをしなくてはいけないほど、傷んでいる髪の毛であるならば、本来お客さんの髪の毛の事を考えたら、カラーリング自体を勧めない、という選択もある訳です。それが出来る美容師と言うのは、美容室が儲かるかどうか、ではなくて本当にお客さんの髪の事を考えてくれている美容師だ、と言えるのではないでしょうか。追加料金の必要なカラーリングをやたらと進めてくる美容師に対しては、少し疑問を持った方が良い時も有るかもしれません。門前仲町 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ