縮毛矯正の自然な仕上がりを目指す

縮毛矯正の自然な仕上がりを目指す

縮毛矯正の自然な仕上がりを目指す

どうしても縮毛矯正をかけた直後のあの不自然な仕上がりが嫌だ、と言う場合には、美容師さんにその事を伝えて自然な仕上がりになるように調整してもらう事も出来るようです。また最初から「縮毛矯正をする」と施術方法を自分で決めてお願いしてしまうのではなく、クセを押さえたストレートヘアにしたい、とお願いして、どのメニューでストレートにするか、と言う所は美容師さんに任せてみるのも良いかもしれません。ストレートヘアにする方法は縮毛矯正だけではなくストレートパーマ、と言う方法も有ります。かかり具合の強さも施術の方法も、パーマの持ち具合も違ってきます。一番美容師さんと上手く調整しなくてはいけないのは、「自然な仕上がりを優先する」のか「パーマを長持ちさせることを優先するのか」と言う事の確認だと思うんですね。縮毛矯正が最初は不自然な仕上がりに見えるのは美容師さんの方が「一か月後に自然になるように」調整している事が殆どです。そうしなければ一か月後には「ストレートではなくなった」と言われる可能性が高いからです。ですからきちんとカウンセリングで美容師さんと仕上がりの状態、そうした場合の縮毛矯正の持ち具合、などをきちんと確認した上で、施術してもらう様にしたら良いですね。美容師の皆さんは縮毛矯正を施す時に、お客さんのためにはその縮毛矯正の効果が少しでも長持ちするように、と考えているようです。確かに縮毛矯正は一度の施術料金もかなり高額ですし、時間もかかります。できることならその効果が少しでも長く持続するのが望ましいですよね。縮毛矯正はその時には確かにストレートヘアになっていますが、毎日のシャンプーその他のヘアケアによってその効果は日々薄れていきますし、お客さんの髪は毎日少しずつ伸びています。残念ながら新しく生えて来る髪の毛には縮毛矯正はかかっていませんから元のクセ毛になってしまうわけですね。そうすると根元はクセのある自然な髪の毛ですから、根もとからの髪の膨らみ具合が施術直後よりも自然な感じになります。一か月に一センチ程度髪の毛が伸びる事を考えると、根もとの髪の毛が自然な立ち上がりをし始めるのが、施術からちょうど一か月後、と言う事になります。美容師さんはその計算をして縮毛矯正を施しているんですね。施術直後は根元のギリギリまで縮毛矯正がかかっているのでぺちゃんこで貼りついたような不自然さがどうしても出てしまうのでしょう。ですがどうしても最初の一か月ぐらいのその不自然さが嫌だ、と言う場合には、そのように美容師さんにお願いすればうまく仕上がるのではないでしょうか。骨盤矯正 代官山 小顔 ブライダル 人気 ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ