生活の中でのストレス

生活の中でのストレス

生活の中でのストレス

髪の毛の状態と言うのはパーマやカラーリング、シャンプーなどのヘアケア用品、ドライヤーやヘアアイロンなどの熱、などの外部からの刺激や影響だけではなく、私達の身体の内部からの影響も大きいと言われています。例えば睡眠や食生活です。これらの生活環境が乱れると、髪の毛もダメージを受け枝毛の原因となります。一見髪の毛って私達の肌や内臓などとはちがう、痛みを感じない部分のように思われがちですが、髪の毛は頭の頭皮から生えている事からもわかるように、ちゃんと体の一部です。ですから体調が悪いと肌の調子が悪くなるのと同じように、髪の毛の調子も悪くなるのですね。ですが肌の調子が悪いのは鏡で見ればすぐにわかりますし、かゆみが出たり化粧ノリが悪いなど、すぐに症状として感じる事ができます。ですが髪の毛の場合はその内部がダメージ状態になっている段階では私達は何も感じる事が出来ないんですね。それが枝毛となって症状として現れて初めて「取り返しのつかないところまで傷んでいる」と言う事に気付くのですね。ですから逆に言えばパーマやカラーリング、といった外部の要因が考えにくいのに枝毛が増える、というのは、生活環境の乱れが原因かもしれませんから、普段の生活ぶりを見直してみるきっかけになるかもしれませんね。髪の毛の乾かし方やスタイリングの時にもダメージに気を付けなくてはいけないのですが、普段使っているシャンプーを見直してみる事も必要です。なぜならシャンプーの種類によっては毎日使い続ける事で髪の毛にダメージを与えるようなシャンプーも有るからです。それは洗浄力が高すぎるシャンプーです。泡立ちが良いシャンプーと言うのは一見とても髪の毛がキレイになるように思いがちです。確かにそうなのかもしれないのですが、泡立つことで満足させ、実は洗浄力が高すぎるために髪の毛にとってはあまり良くない影響を与えるようなシャンプーも残念ながら存在する様です。ドラッグストアにはたくさんの種類のシャンプーが並んでいますが、なかなか素人では記載されている成分表示を見てもなかなかどれが正解なのかはわかり辛いものです。ですがもしも自分の髪の毛の調子が最近よくないな、枝毛が増えてきたな、と感じたら、まずは使っているシャンプーを毛てみるのも一つの方法かもしれません。洗浄力ばかりが強いシャンプーと言うのは髪の毛に必要な皮脂や水分までも洗い流してしまうような時があるんですね。それが原因となって髪の毛がダメージ状態になっている可能性があります。シャンプーは毎日使うものですから一度に与えるダメージは小さいけれども、長期間にわたって枝毛を作ってしまう可能性は大いにありますね。床屋 美容院 上福岡駅 シェービング ヘッドスパ メンズ 人気 安い


ホーム RSS購読 サイトマップ