来店時の服装よりも普段の服装

来店時の服装よりも普段の服装

来店時の服装よりも普段の服装

お客さんの中には、自分が普段どのような雰囲気の服装をしているか解るような服装をして行った方が美容師さんがスタイルを決めやすいんじゃないか、という気遣いをしてくれる人もいるようですが、そこまでお客さんに求めるようではセンスのある美容師とは言えないかもしれません。何のために美容師がお客さんとのトークをしているか、というとそういうお客さんの日常を旨く聞き出すためなんですね。逆に言えばトークが上手くて仕上げもじょうずな美容師と言うのは、お客さんに不快な思いをさせないトークでうまくお客さんの日常生活を聞き出す事が出来て、それに沿ってそのお客さんの生活にもフィットするスタイルを提案する事が出来る美容師なんですね。もっと凄い美容師だと、お客さんの来店した感じを見ただけで、それが普段の服装なのか、これは少し頑張ってコーディネートして来たのか、という事もお客さんを見て判断できるようです。そこまでは無理にしてもトークの中でお客さんが普段どのような服装でどの様な生活をしているのか、という事をさりげなく聞き出す事は美容師の仕事の一つ、と言っても良いでしょう。バッチリメイクをしてきたお客さんであっても、普段はナチュラルメイク、またはノーメークで過ごす時間が多い、という事が分かればそれに似合うスタイルを提供する方が良いですよね。男性をカッコよく変身させるために、一番手っ取り早いのはヘアスタイルだと思います。これは女性でも同じことなのですが、人の第一印象は「顔」というよりはヘアスタイルで決まる事が多いんですね。もっと言うとヘアスタイルによってその人の顔立ちの印象が決まると言っても良いでしょう。ですから男性の皆さんも自分をカッコよく変身させたい、と思う時には先ずは美容室に行ってヘアスタイルを整える事です。それと同時に自分の顔立ちの印象を大きく左右するのは眉毛です。女性の場合には眉毛をあえて出さない人もいますし、前髪をアップにしていたりとても短くしている人以外は、そんなに眉毛の印象と言うのはないのですが、男性の場合は多くの人が眉毛を出しているヘアスタイルをしています。ですからその眉の形によってその男性の顔立ちは大きく変わるんですね。ですから美容室に行ってヘアスタイルと眉毛の形を整えるだけで、大変身できると言っても良いでしょう。たとえば春から大学生や社会人になる、という人は新たなスタートに合わせて自分を大変身させたい、と思う人もいるでしょう。そういう人はまずは美容室です。そこで美容師さんのアドバイスを受けて、自分を一番輝かせるヘアスタイルと眉を作ってもらいましょう。竹ノ塚 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ