パーマやカラーリングのダメージ

パーマやカラーリングのダメージ

パーマやカラーリングのダメージ

髪のダメージと聞いてすぐに思い出されるのは、パーマやカラーリングの繰り返し、と言う事ではないでしょうか。そもそもパーマやカラーリングを行うのは、髪の毛にダメージを与えるのが前提となっている様なものです。ですからパーマやカラーリングをする、と言う事はそれにともなって髪の毛のダメージを抑えるためのトリートメントなどのヘアケアを日常的に行う事が条件のようになっている訳です。特に頻繁に髪の毛の色を変えている人や、かかりにくいからと強いパーマ剤を使っている人なら、キューティクルはもはやぼろぼろになっている可能性が高いです。またカラーリングで明るい色にするためにブリーチをする人もいますが、これもかなり髪の毛にダメージを与えるものです。これらの事は枝毛の原因になるとはいえ、髪色やヘアスタイルを楽しみたい、というオシャレに対する気持ちは捨てたくはありませんよね。ですからパーマやカラーでヘアスタイルを楽しみたい、と思っている人はある程度自分の髪の毛がダメージを受けて枝毛になってしまう可能性がある、と言う事は意識しておかなくてはいけないでしょう。そしてその上でできるだけ枝毛が出来ない様に、日常的に念入りなトリートメントを欠かさない様にしていくことで枝毛の発生を遅らせたりすることが出来ると思います。枝毛の原因は何か?と言われたら、それは毛身の毛のダメージです。髪の毛のダメージと言うのはツヤが無くなったりパサついたり、と言う事がありますが、そういう症状の一つだと思ったらよいでしょう。ダメージとは髪の毛の表面を覆っているキューティクルがはがれてしまう、乾燥して髪の毛の内部がスカスカになってしまう、というのが主な症状ですが、枝毛もその一つと言えるでしょう。ですから枝毛のない髪の毛にしよう、と言う事はダメージのない髪の毛にしよう、と言うのと同じことです。逆に言えば枝毛に無い髪の毛を目指せばそのほかの髪の傷みも改善されると言う事になるかもしれませんね。髪の毛がダメージを受ける理由は色々あります。自分の髪の毛がどうしてダメージ症状が現れるのか、と言う事を考えるには、自分の生活環境や、髪の毛に対してこれまでどのような事をしてきたか、パーマやカラーの頻度、などと考えていかなくてはいけません。実は日常生活の中で、枝毛の原因につながるダメージはたくさんあるようです。それらすべてを見直す、というのは大変なことかもしれませんが、それぞれに対策をすることで、少しでも枝毛を含むそのほかのダメージも改善していきたいものですね。自分に当てはまるダメージの原因は何なのかを調べてみましょう。川越の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ