日本のヘアカラーの起源

日本のヘアカラーの起源

日本のヘアカラーの起源

では日本でヘアカラーが最初に行われたのはいつ頃だったのでしょうか。記録として残っているのは平安時代の末期の様です。史実として残っているのは1183年に斉藤実盛という武将が合戦の折に白髪のままでは弱く見られてしまう、と考えて若々しい自分に戻って戦い、りりしい姿のまま戦いで散りたい、という思いを込めて髪を黒く染めたようです。戦いに負けた実盛は首を切られるわけですが、首を取った相手方の武将は黒髪の実盛が誰か解らなかったと言います。彼が髪を染めて若返っていた、と聞いう話を聞いて相手方が実盛の首を洗った所、白髪に戻った為、それで本人の首である、と確認したと伝えられているようです。ヘアカラーと言えば最初は女性が使ったのでは?と勝手に思っていましたが、武将が自分を鼓舞するために使っていた、とはちょっと意外ですね。ですがいつの時代も若々しくありたい、という気持ちがあることは変わりなく、そのためには白髪よりも黒髪が良い、と考える事も今の時代に通じているものがあります。いつの時代にも髪の毛の色と言うのはその人の表情を左右する大きなアイテムとなっているわけですね。この実盛の逸話はヘアカラーの歴史であると同時に、人が髪を黒くしたい、と当時から思っていたことを裏付ける史実でもあります。美容室には男性の皆さんにとってとても心強い味方がいます。それは男性美容師です。男性美容師たちはみな一様にカッコよいものです。ですがそれは決して雲の上の人ではありません。男性美容師のみなさんをよく観察してみると、決して顔が整っている人たちばかりではありません。体系だって様々です。背の低い人もいれば太っている人もいます。もしも普通だったらそれがコンプレックスで決して「カッコよい」と人気になるような存在にはなれないかもしれません。ですが男性美容師と言うだけで、背が低くても太っていても顔立ちが整っていなくても「カッコよく」見えるんですね。それはどうしてか、というと自分の魅力を最大限に引き出すオシャレを心がけているからです。男性美容師のみなさんたちは、談背客の皆さんにとってお手本となるようなファッションやヘアスタイルをしているはずなんです。そしてプロとしてのセンスも身に着けています。つまりこれ以上男性にとって心強いアドバイザーはいない、と言っても良いでしょう。男性美容師とどれだけ打ち解けて仲良くなるか、という事がその後の自分をどれだけカッコよく変身させることができるか、という事につながっていると思います。一人で良いのでお兄さんや先輩の様な男性美容師と仲良くなれるとよいですね。青山 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ