武者修行

武者修行

武者修行

他の美容室に移ってしまったスタッフにとって、元の美容室が居心地が悪かったり何か問題があったというケースもあるかもしれませんが、そればかりだとは限りません。とても前向きな方向で美容室を去っていくスタッフもいるようです。それはいわゆる武者修行のために他の美容室も経験しよう、という事でお店を変わるケースです。もしも元の美容室がそのスタッフの事を信頼し応援する気持ちがあるならば、その人を他の美容室で修業させて、後々には元の美容室の店長になってもらうなどという筋書きでもあるかもしれません。美容師にとって自分の美容室に長くいる事は、一定のポジションまで上り詰めると、そこから先は伸び悩む事になるかもしれません。例え今の美容室ではトップでいられるとしても、他店でその腕が通用するかどうか、という事はその場にいたのでは解りません。美容業界全体の中で、自分のテクニックがいかなるものなのか、という事を知るには一度今の職場を出てみるのも良い経験です。またほかの美容室に入ってみる事で元の美容室の事を客観的に見る事ができます。外から見て初めて気付く事やお客さんの本心を知るチャンスもあるかもしれません。その事は将来を担う美容師としてはとても良い経験になるのではないでしょうか。そういう良い意味での退職もあるものです。皆さんの通っている美容室ではレシートを発行してくれますか?確かに美容室と言う所でレシートを発行してくれる所は少ないような気がしますし、たとえ発行してくれなかったとしても、それに対して文句を言う人はあまりいないような気がします。ですが実際にはお客はお店に料金を払っている訳で、それに対してレシートも領収書も無いのは、普通に考えたら少し雑な扱いだな、と思ってしまいます。領収書に関しては、美容室でヘアスタイルを整える事が仕事上必要な人達は、美容室代金も会社の経費となる場合があり、そう言う時にはお願いすれば快く領収書を発行してくれるようですが、一般のお客さんに対して何も言わないのにレシートや領収書をくれる美容室はあまり無いような気がします。もっとも最近ではチェーン展開している様な美容室だとレシートの発行も有るようです。なぜレシートの発行をしないのでしょうか。おそらくそれは美容室の料金と言うのは、スーパーで何かを買った時とは違って、それぞれの細かい施術に対して細かい料金設定がなされていないからかもしれません。使用する薬剤だって髪の量が違えば違ってきます。かかった時間が違えば、美容師が拘束される時間も違います。そういう事があまりにざっくりとしているので、まとめていくら、という事しか言えないのでしょう。八潮 美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ