真夏は美容室へは行かない

真夏は美容室へは行かない

真夏は美容室へは行かない

真夏の外出と言うのは、何処へ行くにしても億劫なものです。美容室だから、といってわざわざ行くのも面倒に思える事もあるでしょう。汗をかいたりすることを考えると尚更です。賢い選択としては、真夏の一番暑い時期には、美容室に行かなくて済むように日頃からサイクルを考えておく、という事があります。毎月毎月美容室に行く、という人は滅多にいないでしょう。大抵の人は美容室に行くのは数か月に一度です。ですから例えば真夏の暑い7月8月9月には美容室に行かなくても済むように、美容室に行くサイクルを調整うすれば良いのではないでしょうか。6月ぐらいに思い切って髪を短くして、9月いっぱいまでは何とかなるようにお願いすれば、その様なカットをしてくれると思います。美容師さんに「夏は暑いので出来るだけ外出したくないから」という気持ちを伝えても、全く問題ないと思います。美容師さんだって暑くて汗をかくのをお客さんは気にしている、ということぐらいは知っているでしょう。夏の間はセルフケアでなんとか過ごせるようなスタイルを提供する事が出来るかどうか、というのも美容師の腕の見せどころではないでしょうか。汗をかくから美容室に行きたくない、と思うのであれば、行かなくて済む様な方法を考える方が良いでしょう。ビヨウシツに来るお客さんたちは、自分たちが汗をかいてしまう事を恥ずかしく思っているかもしれませんが、汗をかいてしまうのはお客さんばかりではありません。おそらく背jjつをしている美容師さんだって同じように汗をかいていると思います。もっと言えば、美容師さんの方こそ常に動いている訳ですから、きっと汗をかいているはずです。もちろんお客さんに不快な思いをさせない様に、対策をしていると思います。汗滋味が出来ない様にパッドを使うとか、バックヤードに戻った時にひんやりシートなどで汗をぬぐう、とかぐらいなら出来ますよね。美容師さんですらそうなのですから、きっと美容師さんはお客さんが汗で悩んでいる事なんて、まったく大したことは無い、と思っているに違いありません。本当は美容師さんに対しては恥ずかしがることなく、汗の悩みを話した方が良いぐらいかもしれませんね。もちろんお互いに不快な思いをさせない様に努力する事は必要だとは思いますが、必要以上に汗をかく事をと恥じる事は無い、と思うんですよね。誰だって暑い時期には汗をかきます。できるだけ涼しいヘアスタイルを作ってもらう事こそが、美容室へ行く目的となりますよね。自分の汗をかく度合いなども知ってもらっていた方が、良いヘアスタイルに仕上がる可能性も高いですよね。ヘアサロン 菊川駅 カラー トリートメント 白髪染め クーポン おすすめ ランキング


ホーム RSS購読 サイトマップ