髪の毛は再利用できる

髪の毛は再利用できる

髪の毛は再利用できる

そもそも人毛でウィッグを作るのに、切った髪を使う、というのは大丈夫なのだろうか?という疑問を持つ人も多いと思います。髪の毛は体の一部ですから体から離れてしまった瞬間から傷んでしまったり朽ちてしまったり、と言う事が起こるのではないか、と思うのは当然かもしれません。ところが髪の毛の細胞と言うのは実はすでに死んでしまっている大坊なのだそうです。ですから腐ってしまうような事は決して起こらないのだそうです。不思議な事になんの措置、例えば消毒の様な事をしなくてもきれいな状態で保存可能なのだそうです。そう考えると、これまで長い髪をバッサリと切った経験のある人は「なんてもったいない事をしていたんだろう!」と思うかもしれませんね。ウィッグの多くは人工的に作られてものですが、値段が安いのは助かりますが品質的には人毛で出来たものと比べると全く違うそうです。どうせ使うのならより自然な感じに見えるものを使いたい、と思うのは希望者の皆さんの共通の想いだと思います。ヘアドネーションがもっと広がることで喜ぶ人は増えると思いますし、美容室の方でもゴミの軽減などにつながるのではないでしょうか。色々なものもリサイクル、リユースが叫ばれている中で、髪の毛がリサイクルできると言う事ももっと認知されても良いと思いますね。自分の長かった髪の毛を切ってしまった時にはその髪の毛が誰かの役に立つ、と言う事があれば参加したい、と考える人は多いと思うんですね。ヘアドネーションはまさに困っている人に対して自分の毛身の毛を提供できる、とてもよいシステムだと思うんですね。ですがなかなかどうしたら良いのか知らない人多いと思います。まずはヘアドネーションのシステムについて良く知ることが大切でしょう。ヘアドネーションを行っている団体はNPO法人などがあるようで、検索してみたらたくさん出てくると思います。また美容室によってはその活動に協力している美容室も有って、ヘアドネーションを行っている団体と提携している美容室も有ります。つまり提携美容室で髪の毛をカットすればヘアドネーションの団体へと寄付してくれるシステムです。簡単に寄付しようと考えるならば、その様な美容室を探してカットしてもらう事が簡単でしょう。いくら寄付してあげたい、と言う気持ちがあっても手間暇がかかるようではなかなか実行に移せませんが、そのような美容室へ行けばよいのであれば簡単に参加できますね。また提携美容室ではなくても、カットしてもらう時に美容師さんにヘアドネーションに寄付したい事を伝えれば、その条件に合うようにカットしてもらう事も出来るでしょう。蒲田の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ