自分のワックスの使いかたを美容師に示す

自分のワックスの使いかたを美容師に示す

自分のワックスの使いかたを美容師に示す

日頃自分がどの様にワックスを使っているのか、と言う事をびようしさんに解ってもらった方が良い場合も有ります。そういう時には美容室へ行くときには普段通りのワックスの使いかたでスタイリングを決めて行きましょう。そうすると美容師さんは「この人は普段はこの様にスタイリングをしているのだな」と言う事を解ってくれます。もしも親しく話の出来る美容師さんであれば、「こういうヘアスタイルってどうですかなね?」「ワックスの使いかた、これで良いですかね?」と聞いてみるのも良いかもしれませんね。どこから話が盛り上がれば、カウンセリングの時にワックスを使ってのスタイリング方法を伝授してもらえるでしょうし、ワックスを使う事を前提にカットしてもらう事もできるでしょう。美容師さんはプロですから、せっかく料金を支払って美容室へきているのであれば、そういうプロの技はしっかり盗んで帰りたいものですね。美容師さんもその人が普段どのようなスタイルをしているのか、と言うことが解れば、ヘアスタイルを提案しやすくなります。またその人の生活パターンなども察する事ができます。忙しい人なら髪を濡らしてそのままワックスで固める、と言う時間のかからない方法がオススメですね。そういう事も解ってもらえる、と言う点ではスタイリングをしてから美容室へ行くのがよいですね。皆さんは美容室へ行くときには、スタイリングはどのようにしているのでしょうか。もしも自宅からそのまま美容室へ行くのであれば張り切ってスタイリングをしたところで、どうせ美容室へ行けばすべて洗い流されてしまう、と考えたらわざわざワックスなどでスタイリングをきちんと決めていく、というのもバカバカしい気持ちになりませんか?ですからそこそこ恥ずかしくないようなスタイルで行く人も多いと思います。ですがもしも外出先や仕事終わりに美容室へ寄るときには、きちんとスタイリングをした状態で美容室へ寄る訳ですから、ワックスなどもまだ残っている髪の毛で美容室へ行くことになります。それってもしかしたら美容室的には迷惑なのかな?と心配する人もいるかもしれませんが、基本的には美容室ではそれぐらいの事は解っていると思うので迷惑ではないと思いますが、そのワックスを落とすために念入りなシャンプーが必要になってくるのは避けられない事だと思います。ですが基本的には美容室ではその後の施術、たとえばパーマやカラーリングが施しやすい髪の毛の状態にするためにシャンプーをしたりトリートメントをしてくれるものですから、気にする事は無いと思います。たとえ自分で洗い流して行ったとしても、それが十分でなければ美容師さんの手でやり直し、と言う事になるでしょう。美容室 三軒茶屋 ヘアサロン カラー トリートメント 当日予約 人気


ホーム RSS購読 サイトマップ