一か月後がちょうど良い

一か月後がちょうど良い

一か月後がちょうど良い

縮毛矯正をかけた人たちから聞かれる多くの声は、「美容室に行った直後は不自然な仕上がりだけれども、一か月後ぐらいには落ち着いていい感じになる」と言う事です。出来る事ならば縮毛矯正をしてもらった直後から自然な感じになるのが良いのだと思いますが、みなさん「縮毛矯正とは落ち着くのは一か月後だ」と最初からあきらめている感じですね。確かにパーマにしてもカラーリングにしても最初の1,2週間ぐらいは自分の目が慣れていないのか何となく人工的な仕上がりに感じてしまうのは良くあることですね。ですが色々と薬剤やかける強さの調整が出来るようになった今なら、最初から自然な仕上がりにしてもらえることも出来そうなものなのですが、どうしてそうはならないのでしょうか。縮毛矯正を含むパーマのかかり具合、というのは実は美容師さんが調整している事が殆どです。縮毛矯正の場合お客さんの願いとして、出来るだけ効果が長持ちしてほしい、と言う事があると思います。そうなると美容師の皆さんは最初は縮毛矯正をきつめにかけたり、根もとのギリギリの部分まで薬剤を塗布したりすることになります。そうなると髪の毛が本当なら立ち上がっている部分までストレートにしてしまうのでぺちゃんこに押さえつけられたような不自然さが出てしまうわけです。クセ毛で悩む人たちの対策として、一番利用されているのは縮毛矯正ではないでしょうか。この技術が広まってきた時にはクセ毛で悩んでいた人たちにとっては救いの神の様なものだったと思います。ですがその縮毛矯正を実際にやってみると新たな悩みに直面する事になった人も少なくなかったと思います。それは縮毛矯正で髪の毛をストレートにする力があまりにも協力で、ストレート具合があまりに不自然だった、と言う点でしょう。髪が頭に貼りついてしまったように見えた人も少なくはありませんでした。ですからいかにも「あの人はクセ毛だから縮毛矯正をしたんだな」と言う事が一目でわかるような感じだったのですね。それでもクセ毛の扱いで大変な思いをしてきた人たちにとっては、縮毛矯正で憧れのストレートヘアになれることは本当にありがたい技術であったに違いありません。ですからそんな人たちのために縮毛矯正の薬剤や技術も随分と進化してきて、その人の髪の質に合った薬剤で強さを調整できるようになったり、施術方法も時間のかからないものになったり、とかかり具合の調整が上手くできる様になってきたようです。それでもやはり縮毛矯正をした直後と言うのは不自然さが残るケースが多いようです。それを避けるためにはどのように縮毛矯正のオーダーをしたらよいか、お客さんの方が工夫すのも一つの方法のようです。美容室 府中 ヘアサロン カラー パーマ 当日予約 おすすめ 人気


ホーム RSS購読 サイトマップ