ヘアドネーションの活動

ヘアドネーションの活動

ヘアドネーションの活動

医療用ウィッグの中でも人毛のものを着用したいと考えている患者さんやご家族の方は多いのですが、その多くの人たちは人毛で作られたウィッグの値段が高いハードルとなってしまっています。人毛のウィッグの値段が高くなってしまう原因の一つとして、元となる人毛を集める事が難しい、と言う事があります。そこで長く伸ばした髪の毛をバッサリと切る人たちに対して、寄付を呼び掛けているのがヘアドネーションの活動です。ロングヘアをバッサリとカットした時に「勿体ない」と思ってしまった経験のある人は少なくないと思います。自分にとってはもう必要が無いものではあるけれども、数分前まで確かに自分の体の一部であった長い髪の毛が、まるでゴミのように集められて処分されていくのを見るのは忍びない気持ちになる物ですよね。そういう時にこの「ヘアドネーション」のシステムが頭の中にあったならば、「寄付しても良いかな」と言う気持ちになるのではないでしょうか。ヘアドネーションではそういう人たちに対して髪の毛の寄付を募り、人毛の医療用ウィッグを希望している人たちのためにオーダーメイドでウィッグを作成する活動をしているのです。自分が不要だと思った髪の毛が誰かの役に立つ、と思うととても嬉しくなりますよね。その時には切ってしまいたい、と思ったとしてもそれまでの年月伸ばし続けてきた髪の毛ですからね。ヘアドネーションと言う言う言葉を聞いたことがあるでしょうか?なかなか聞きなれない言葉のようにも思いますが、「ヘア」という言葉が付いている以上、なにか髪の毛に関する事である、と言う事はを想像がつくと思います。ヘアドネーションとは簡単に言うと、自分が切った髪の毛を医療用のウィッグとして使ってもらうために寄付をする活動のことを言います。世の中には病気や薬の副作用などが原因で、髪の毛を失ってしまう人達がいます。その人達にとってウィッグを着用する事は日々の生活を前向きに豊かにするためにとても役立っているのですね。こういった医療のために使われるウィッグの事を「医療用ウィッグ」と呼ぶらしいのですが、これらの多くは人工的な原料を使って作られているものです。ですがいかにもウィッグを付けている風に見えるものが多く、例えばお子さんたちで医療用ウィッグを必要としている人などは、できるだけ自然にみえるウィッグを子供に付けさせたい、と願う親御さんも少なくありません。人毛で作られているウィッグはその点ではとても良くできたものなのですが、問題なのはその価格です。小児用の医療用ウィッグはそのそも大人の頭の大きさとは違うので、なかなかサイズが難しいうえに人毛となるとかなりの高価なものになってしまうんですね。能見台すぐの美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ