枝毛は治らない

枝毛は治らない

枝毛は治らない

枝毛とは、その名の通り髪の毛の先が木の枝のように途中で分かれてしまっている状態です。症状によっては枝どころかまるで箒の先の様だったり、鳥の羽の様な感じになっている人もいます。枝毛というのは実は一度枝毛になってしまうとその部分は決して元に戻す事はできません。よく「枝毛対策」と表示されいるトーりトメントなどが販売されていますが、それは枝毛が無くなったように見せるだけであり、枝分かれしてしまった部分が元の通り一本の髪の毛に戻ることは無いのです。ですから結論から言ってしまえば、枝毛が嫌ならその部分を切ってしまうか、その髪の毛一本を抜いてしまうか、しか対策は有りません。ですから枝毛になるのが嫌だ、と思うのであれば、枝毛になってからの対策ではなくて、枝毛にならないような対策を考えるのが正解なんですね。枝毛は髪の毛のダメージの現れですから、日頃からのヘアケアが大切だ、と言う事になります。枝毛の症状が出るのはロングヘアの人が多いのですが、せっかく伸ばしたロングヘアを枝毛のために切ってしまうのはとても残念ですよね。毛身の毛を伸ばすのであれば、枝毛のない綺麗な髪の毛のまま伸ばしたいものです。ロングヘアを目指すならば、枝毛対策の知識もちゃんと頭に入れておいた方が良さそうですね。髪の毛の悩みの一つとして「枝毛」というのがあると思います。ショートヘアの人はなかなか気づきにくいですし、短くしていると枝毛の割合は割と低いので、気になるのはロングヘアにしている人たちだと思います。どうして毛先が割れたようになってしまうのか、本当に不思議ですよね。割れているだけなら良いのですが、色が抜けたようになってしまったりして、あからさまに髪が傷んでいる事が解ってしまうので、枝毛があるというのはいかにも髪の毛の手入れを怠っている様で見られるのは嫌なものでしょう。ですから良く自分で毛先を目の前に持って来て抜いたり切ったりしている人がいますが、実際には枝毛対策と言うのはどのようにするべきなのでしょうか。出来てしまった枝毛は多くの人がその部分を切り取っていると思うのですが、本当ならばそもそも枝毛が出来ない事がいちばんですよね。枝毛はロングヘアの人に多いので、髪を伸ばしているうちにどうしても枝毛になるのは避けられない事なのだ、と思っている人も少なくないと思うのですが、本当はちゃんと枝毛になる理由があって、完全ではなくても防ぐ方法はあるようです。枝毛は明らかに髪の毛のダメージの現れです。できるだけ防いで綺麗な髪の毛でいたいものですね。調布の美容院


ホーム RSS購読 サイトマップ