独立するスタッフ

独立するスタッフ

独立するスタッフ

美容室の中でベテランのスタッフさんを見かけなくなったな、と思ったらそのスタッフは独立して自分の店を出したらしい、という話を聞いた、という経験がある人もいると思います。多くの美容師は、美容師である限りは一かは自分の店を持ちたい、という夢や目標を持っている事と思います。美容師と言う仕事はセンスが問われる仕事ですから、雇われているだけではその美容室のコンセプトに合う仕事しかできませんから、自分のセンスを試したい、実力を試したい、と思う人はいつかは雇われているだけでは物足りなくなる日が来るでしょう。スタッフが独立する、という事は戦力的にはその美容室にとっては残念な事ですが、その裏では経営事情と言う物がある場合もあるようです。それは独立を考えるほどのスタッフ、というのは当然それだけの実力があるという事ですから、その美容室に支払うお給料も高かったはずです。ですからそのそのスタッフにそれだけのお給料を支払わなくても良いのであれば、別のスタッフに給料を払ったとしてもその差額分は人件費が浮くことになります。またその看板美容師がいる事で若いスタッフが伸び悩むケースも有ります。その看板美容師がもっていた指名を若い美容師に回す事が出来れば、それだけ若いスタッフの経験値が上がり実力も付きます。美容室によっては、美容師によって料金を変えていたり、指名すると特別料金を取られたり、というようなシステムを導入している所があります。大抵の場合そのようなシステムを導入している美容室と言うのは、かなり有名店だったり人気美容師が常駐している美容室だったりします。ですから、本当の所はそれだけの追加料金をとられても「その仕上がりの差は良く分からないんだけど」と言う事もあるかもしれませんが、それでも何となく有名店であるがゆえに「それも有りなんだろう」と納得してしまう部分があります。逆に「指名料金を取るような凄い美容室なんだ」と思い込んでいる節も有るでしょう。ですが冷静になって考えてみると、その有名な美容師であったとしても、それだけの技術と言うのは、どう証明されているのかもよく分かりませんし、ただメディアに出演したからというだけで有名美容師になっている人もいるような気がします。そういう人を指名したからといって別料金を支払わなければならないのは、良く考えたら少しおかしくも感じますよね。そういう事も含めて美容室と言うのは、かなりアバウトな世界だな、と思ってしまいます。もっともそれでも今の美容室業界は成り立っているのですから、これで問題は無いのかもしれませんね。八潮 美容室


ホーム RSS購読 サイトマップ