第一歩は美容室

第一歩は美容室

第一歩は美容室

男性達、特に男子学生が「カッコよくなりたい」「女性にモテたい!」と考える時に、一番手っ取り早い方法としては美容室に行く事なんですね。美容室には男性のカッコ良さを引き出してくれる美容師と言うとても心強い存在の人たちがいます。とりあえず美容室に行く事で自分を一番カッコよく見せてくれるヘアスタイルや眉の形を手に入れる事ができます。最近は男性でも眉を整えている人がとても多いものです。以前はそのような男性を見るとなんとなく自分をカッコ良いと思っている人なのかな、と逆に引いてしまう感じがありましたが、最近では芸能人だけではなく、スポーツ選手でも当たり前のように眉を整えているものです。それは美容室に行く男性が増えたからかもしれません。そういう人たちはおそらくとてもキリッとしてカッコよく見えるのではないでしょうか。すくなくとも床屋に言った様なヘアスタイルと全く整えていない眉毛の時とは大きく違う顔立ちになっていると思います。ですからまずは美容室に行くことが自分磨きの始まりだと思ったらよいのではないでしょうか。これは実は女性にとっては全く当たり前のことで、女性は美容室に行くことが日々の生活の一部としてあります。ですが男性にはまだそこまでの当り前さはないのかもしれません。ですから初めて美容室に行くという事がとても敷居が高い男性も多いのかもしれません。一般的な美容室と1000円カットに代表される美容室とどちらが良いか?という質問を投げかけるのは意味が無い事だと思われます。それはそれぞれは目指すところが全く違っていますし、それぞれにその恩恵を被っているお客さんたちがちゃんと存在するからなんですね。一方に通っている人は、一方の事を良く思わないかもしれませんが、それならそちらへ行かなければよいだけの話で、議論をするほどの事ではないでしょう。1000円カットが出始めたころにはかなり人気に火がついて、このままでは美容室の存在が危なくなるのでは?と懸念された時期もありましたが、結局のところ美容室と言う存在がすたれるような事はありませんでした。もちろんその影響を受けて廃業に追い込まれたような美容室も有ったかもしれませんが、それはごく一部であり、おそらく1000円美容室の問題だけではなかった、と想像がつきます。つまり結果的にはどちらも同様にそれぞれの価値観のお客さんから支持されていて今日がある、と言ってよいのではないでしょうか。よく一般的な美容室にしか行かない人が1000円カットをバカな位するような発言をするケースがありますが、そもそもセンスや技術面で勝負を使用とは思っていないのが1000円カットです。バカにされるような事は何もないのが本当の所でしょう。北千住 美容室


ホーム RSS購読 サイトマップ