カット方法や郵送方法

カット方法や郵送方法

カット方法や郵送方法

ヘアドネーションに参加するために髪の毛を郵送する時のカット方法は、基本的には長さが揃っていればよいようですが、素人がきれいに長さを揃えて切ろうとするのはなかなか難しいですよね。経験者の方のお勧めの方法はいくつかにブロッキングをしてかっとすると長さが揃えやすくなるようです。一度にカットしようとすると特に髪の毛が太い人などはなかなか一気に切るのは難しいですよね。切った髪を受け止めるのも有る程度ボリュームを押さえた方が楽ですね。また友人や知人の間でヘアドネーションについて盛り上がることもあるでしょう。カットするのも互いにカットし合って郵送しよう、と言う事になる可能性もあります。一度に複数の髪の毛の束を郵送しても構わないようですが、出来るなら、髪の毛の持ち主は統一した束にした方が良さそうですね。また良かれてお思って三つ編みにしてバラバラにならない様にして郵送したり、塗れないように何重にもビニールに入れて郵送する人もいるようですが、結果的にはほどく手間になるようですから、そこまでしなくても良いようですね。自分が長年伸ばした髪の毛がどの様に利用されるのだろう、どんな人の役に立つのだろう、と想像しながら準備するのは、ちょっと嬉しい気持ちになることでしょうね。ヘアドネーションに参加するには、どの様な事に注意しなくてはいけないのでしょうか。一例かもしれませんが、注意事項として次のような事が挙げられています。まずは長さについては31センチ以上、とされていると言われています。これは海外の活動団体が12インチと基準を設けていた事に関係しているようです。12インチとはセンチに30センチと少しなのだそうで、30センチ以下にならない様に31センチとされていると思われます。海外ではも少し短い長さでも受け付けてくれる所があるようですから調べてみるとよいと思います。もっとも長い方が色々なヘアスタイルに対応できるので長い分にはそれ以上の長さでも喜ばれる事でしょう。ただあまりも長い髪の毛を送ろうとすると、かなり扱いが難しくなるかもしれませんから注意したいですね。また髪の毛の状態の注意事項として、乾燥している事、というのがあるようです。もともとカットする前の髪の毛であっても濡れた状態の髪の毛、というのは良くありませんね。髪の傷みを招く原因になりますし、雑菌が繁殖したりする可能性もありますから乾燥している事が大切な様です。また想像できると思いますが、バラバラの状態で送ると、先方は扱いがたいへんな様です。ゴムで束ねて、と言う条件も有るようですね。美容室 三鷹 ヘアサロン カット カラー メンズ 口コミ 人気


ホーム RSS購読 サイトマップ