アシスタント専門として復帰

アシスタント専門として復帰

アシスタント専門として復帰

どんな職場であっても、職場復帰するとなるとブランクの間に自分の技術が衰えているのではないか、と言う事は誰でも気になる所でしょう。特に美容師の様な人を相手にして働く様な仕事の場合、傷つけてしまう相手は書類や商品ではなく、生身の人間ですから「勘が鈍っていた」では済まされない状況もあり得ます。ハサミを持つことに対して不安があると、恐らく全てにおいてその不安な気持ちが先行してしまうのではないでしょうか。ブランクがある時には一度にすべての面において復帰しようとする事には無理があるかもしれません。自分が「これなら躊躇なく取り組める」と思う範囲内で復帰する、と言う選択をする事も必要かと思います。それは仕事をする時間を短い時間から始める、と言う事ではなくて、特定の仕事に特化した状態から復帰してみる、と言う方法です。例えばすぐに美容師として復帰するのではなくて、まずはアシスタントとして復帰する、と言うのも一つの方法です。多くの美容室では経験者の美容師を募集するというケースの他にも「アシスタント募集」というのも良くあります。かつてアシスタントであった人が来てくれるよりも、かつて美容師としてお客さんに関わってきた人がアシスタントをしてくれる、と言う方が美容室にとっても有りがたい人材であることは間違いありません。大型の美容室やチェーン展開している様な美容室では、スタッフ間の関係が割とドライな場合が多いものです。美容師の人数も多いのでパート契約の美容師が複数人数いる事も少なくありません。それぞれの立場がはっきりとしているので、パートだから、と引け目を感じる事も少ないと思われます。それにくらべて個人経営の美容室や、小規模な美容室では逆にスタッフ通しの関わりが密になっているケースが多いものです。良く言えばみなさん他のスタッフの事も良く知っていてその立場や事情を理解してくれる、と言う事も言えるでしょう。ですが一歩間違うとその事がパートと言う立場に余計な引け目を感じさせてしまったり、またパートだからと甘えている事が自分自身で辛くなってきたりするケースも出てくるのではないでしょうか。もちろん悪い事ばかりではなく、その人の事情を知っている分、例えば子供が熱を出した、というような急な事情の場合でも「休んでも大丈夫」と優しい声掛けをしてくれるケースもあるでしょう。ですがしてもらってばかりでは申し訳ない、と言う気持ちが働いてくると、逆に自らパートの領域を超えた仕事まで引き受けてしまうような事も出てくるかもしれません。またそういう感情的な面が優先されても、ルール自体があいまいになっているケースが多いので、徐々になあなあな感じになる場合もあるかもしれません。美容室 弘明寺 カット カラー 縮毛矯正 人気 口コミ 安い


ホーム RSS購読 サイトマップ